日夜幼津瓶「こんなのよく観てます」

オレの出身地の沼津市というのは、70年代はヤンキー文化とアカデミックの両極した文化体系しかなく、ロックバンドをやっていた高校時代は、ピアノ、ヴァイオリンを幼少からやってる人と多少の音楽的会話は出来たけど、オレの周りを覆い尽くす多くのヤンキーな友人とは、一節、音楽の話は出来なかった。なにせ彼等はキャロルとクールスしか聴かないんだもの。で、そんな環境の中、ドキッとした唯一の曲がこの「セカンド イズ ユー」だった。ナチュラルにリズムトラックがYo La Tengoしてるようにオレには聴こえるのだが…。

今日、Pちゃんと久々、音楽の話したけど、ホント、今の三宅洋平はヤバい!ネヴィルスよりバイユーな「Fly Like An Eagle」!!!

神山監督はやはり神っすね。「押井監督の影武者でいい」からの飛躍が凄い。

ストリングスアレンジが素晴らしい。メンバーには秘密裏のレコーディング中、絶不調のダイアナを支える隠れヴォーカルは、作者でもあるプロデューサーのジョニー・ブリストル。

今、これを聴かずして何を聴こう!?日本が誇る現代最高のビートニク、三宅洋平!

清志郎さん生存時の貴重な小芝居。石田長生さんが意外に演技が上手くて驚いた。

Hey Visitor!